チェンバロの果実 ♪

ピアノのようなかたちをした鍵盤楽器チェンバロ。にほんでいちばんやさしいチェンバロのあれこれ。

続・チェンバロの日 〜及川れいねコンサートレポート〜

f:id:lepetitclavecin:20171019223820j:plain

古楽情報誌アントレを頂きました。

この号では「チェンバロの日!2017」のレポートが載っているのですが、僭越ながられいね先生のコンサートレポートを寄稿させていただきました。

文字数などの条件はお聞きしていたのですが、お受けしてから

「『だ・である』調でお願いします」

と、言われてアタフタしました。

えー、どうしようー、

先生のコンサートを言い切り型の文体で書くなんて。

高飛車に見えてしまうのでは。

困ったなあ。

結局、先生の信徒であることは忘れて、音楽記事ライターになりきって書くことにしました。

「こけもも先生、今回の及川さんの20世紀パリ、レポートお願いします」

「かしこまりー。チェンバロと現代音楽のマリアージュよ、かかってこい!」

音楽の記事を書いてる人のイメージが上手く湧きませんでした…。

それでも、こうした機会を得て、ブログとは違った形で先生の素敵なコンサートをお伝えすることが出来たかなと思います。

書かせていただいて良かったです。

こちらに転載することは出来ませんが、もしお読みになりましたら、是非感想などお送りくださいませ。

「読んだよ」とかでも結構です。

お待ちしています⸜( ´ ꒳ ` )⸝


merci de votre visite.
ecrit par coquemomo