読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

チェンバロの果実 ♪

ピアノのようなかたちをした鍵盤楽器チェンバロ。にほんでいちばんやさしいチェンバロのあれこれ。

〜ちょっと小さなチェンバロ〜 チェンバロ レッスン.:*・゜゜201510 **・゜゜

チェンバロ(全般) レッスンノート

1月に発表会を終えた後、3月頃からデュオの新しい曲に取り組んでいます。

1月の発表会で連弾した曲は、ふたりのパートが2ページで収まる短い曲だったのに対し、今回は12ページもあります。 それも自分のパートだけで。

私が一人でダラダラやったら、3年かけても終わらないかも。

1ヶ月1ページくらいは頑張るとして1年?

デュオ・ローズの片割れの薫子さんにも聞いてみよう。

「ねえ、この曲どのくらいの期間で完成させる?」

「うーん、1楽章4ヶ月、2楽章2ヶ月、3楽章6ヶ月で、1年かな」

お、偶然の一致!

そんなこんなで、1年目標でスタートしました。

しかし、気がつくと今年も秋桜の満開も過ぎ去り、秋の風が肌寒く感じられる季節になってきました。

現在、5ページある第3楽章の残り3ページが手付かずです。

ヤバイ、このままだと終わらない。

全身の神経を総動員して始めたら、私には異例の早さで終止線まで譜読みが完了しました!

なんだ、やればできるじゃん。

5ページ目はほとんど1ページ目と一緒だったということは秘密だけど。

ギリギリいっぱいで持っていったので、今日のレッスンはこの曲だけで終わりました。 直すところが山ほどあるので、早く合わせられるように精進します。

さて、前置きはこのくらいで、今日の目玉はこちらです。 レッスンに行ったら、置いてありました。

さて、なんでしょう?

・・・先生の新しいチェンバロ

大体、正解です。

でも、もう1枚どうぞ。

あれ、何かがおかしい?

そうなんです、この子は、実は
ミニチュアチェンバロなんです!!

本物のチェンバロと比べるととっても小さい!!

なのに、細かいところまで精巧に作られていて、
もうほとんど本物。

それもそのはず、このミニチェンバロの製作者は、あの久保田彰さんです。

久保田さんは日本でも有数のチェンバロ製作者。 久保田チェンバロ工房を構え、数々の素晴らしいチェンバロを世に送り出しています。

近江楽堂は久保田さん製作のフレンチを1台所有しています。 先日のアンサンブル・バロック・レジーナのコンサートでも使用されていたチェンバロです。

私も、久保田さんのスピネット(小型チェンバロ)を試弾したことがあります。

この時期に私が指弾した楽器で国産のものは、久保田さんのと東京古典楽器センターのと2台だったのですが、音の広がりや音色がどことなく似ているような気がしました。 材料とかに起因しているのかな。

ドールハウスの中から出てきたようなミニチュアチェンバロに、 こっそり妖精が弾きにくるかもと思いましたが、残念なことに音は出ないのです。


thanks for coming by.
written by coquemomo

previous lesson ▼ lepetitclavecin.hatenablog.com

lepetitclavecin.hatenablog.com

ensemble baroque regina ▼ lepetitclavecin.hatenablog.com